dramatic diary

ドラマ、映画、小説のいいところ

底辺から始めないところが平成風な 「バクマン。」

f:id:bau7010:20160820132819j:plain

映画『バクマン。』公式サイト

 

マンガ雑誌編集部を舞台にした「重版出来!」がとてもおもしろかったので、マンガつながりで、「バクマン。」を見てみました。

 

勉強も遊びも真剣にやってこなかった高校生2人がマンガ家を目指し、少年ジャンプで連載を獲り、ライバルである天才マンガ家と読者アンケート1位を競う話です。

 

これは原作の手柄なのかもしれませんが、まずマンガ家ものをスポ魂に仕上げるのが新鮮でした。「ずっと机に向かって描いてるシーンだと間がもたないだろうな」と思っていたのですが、マンガを描くシーンをフィジカルに表現して解決していました。

たとえば大きな筆を振り回してライバルと戦ったり、筆を刀に置き換えてみたり。脳内世界を白バックのバーチャル空間にして、そこでマンガを描くという行為を全身で表現してみました、という。卓球マンガの「ピンポン」と近い方向性のつくりだと思いました。

 

少年ジャンプの三原則、努力・友情・勝利はしっかり入っていて、役者もみんな確かな演技なので、楽しめました。

 

が、ひとつ気になったのですが、少年ジャンプというと、私のイメージは「キャプテン」で、ド下手の野球少年がバカにされながら、尋常じゃない努力を続けることで勝利する、という流れです。

それがこの作品は最初の「ド下手」がなくて、主人公は最初からジャンプの編集部に認められるし、高校生で連載が始められます。

しかも、ヒロインの美少女には最初から好きだと言われます。

 

そんなのアリか! という展開です。

 

エリートの戦い、という感じに見えて、主人公たちにはあまり感情移入できませんでした。感情移入しないと、どうしても心に残りにくくなるので、そこが残念でした。

 

でも、私がメインのお客さんじゃないだけで、みんな気にならないのかもしれない、とも思いました。私は底辺から上がっていくところが一番見たいのですが、プロになってからの戦いのほうが見たい人も多いのかもしれないですね。

そのほうが確かにクリーンでスタイリッシュなので、新しい感じはしますね。

 

私は昭和の人間だというオチでしょうか。

 

 

バクマン。DVD 通常版
バクマン。DVD 通常版
posted with amazlet at 16.08.07
東宝 (2016-04-20)
売り上げランキング: 9,984
バクマン。
バクマン。
posted with amazlet at 16.08.07
(2016-04-06)
売り上げランキング: 1,142